東電健保被扶養者の令和5年収入確認のお願いについて

2023年12月1日

日頃は、当健保組合の事業運営にご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
令和5年の年末調整でご家族を扶養されている方の状況について確認されていると思いますが、税法上やL手当(ライフサイクル)上の扶養と健保上の扶養は認定基準が異なります。
健康保険上の扶養認定条件の収入は以下のとおりとなりますので、扶養されている方の令和5年1月~令和5年12月の収入について確認をいただき、以下の金額を超えていた場合は速やかにPOSITIVEより扶養減申請をお願いします。
※申請入力後は届出書を印刷して減対象者の保険証を添付し、OSC経由でご提出ください。

健康保険上の扶養条件
60歳未満の方 年間基準額130万円未満 (月額基準額108,333円)
60歳以上の方 年間基準額180万円未満 (月額基準額150,000円)
(注)月額については、
月額基準額を超える月が3か月以上続き、当概年の年間基準額も超えている場合、原則扶養減となります。
年間の収入が基準額を超えていない場合はこの限りではありません。
(注)給与収入額は控除前の総収入額で賞与、交通費等も含みます。


厚生労働省より発表された「年収の壁・支援強化パッケージ(130万円の壁)」については、こちらをご覧ください。