3月1日~8日は女性の健康週間です。健康づくりを実践しましょう!

2020年2月24日

毎年3月1日~8日は「女性の健康週間」です。国及び地方公共団体、関係団体等社会全体が一体となって、各種の啓発事業及び行事等を展開することで、女性が生涯を通じて健康で明るく、充実した日々を自立して過ごすことを総合的に支援することとしています。
女性の健康を包括的に支援するため、厚生労働省の研究班が情報発信を行っています。

詳細については こちら  ※リンク先:女性の健康推進室ヘルスケアラボ

なお、東電健保は女性の健康を支援するため、以下の取組みを行っております。

 東電健保では、契約健診機関での人間ドックや婦人科検診などの受診に対して費用補助を行っています。
 特に婦人科の乳がん検診を受診しやすい環境づくりのための対策として、「マンモグラフィの乳がん検診車」を活用した取組みを実施していきたいと考えており、2019年11月に東電健保の事務所のある荒川区東尾久ビルの事業所の女性社員を対象として試験的に実施してみました。その結果、女性社員の約3割の方に受診いただき、受診者からは「待ち時間が少なくてよい」「病院に行く機会がないので助かる」「設備も清潔感があった」「検診スタッフが女性でよかった」などの評価をいただきました。
 2020年度においては、会社の健康管理室と連携を図り、乳がん検診車による受診の機会を少しでも拡大できるよう取り組んでまいりたいと考えております。