10月は「乳がん月間」です。定期検診と自己触診で乳がんを早期発見しましょう!

2020年10月8日

 生涯を通じて日本人女性の約12人に1人が乳がんになるといわれています。乳がんは30歳を過ぎたころから急に発症数が増え始め、40~60歳代に多く見られます。しかし、乳がんはがんの中でも比較的治りやすく、早期発見できれば90%以上の確率で治癒することが可能です。

 女性社員の皆様は乳がん月間である今月、完治させるチャンスを逃さないためにも、病院での検診受診と月1回の自己触診で今一度女性の健診に目を向けましょう。

 また、女性だけでなく、奥様・お子様がいらっしゃる男性社員の方もご家族の健康のためにも検診受診・自己触診をぜひお勧めください。

※事業主健診を受診した被保険者は契約健診機関で、婦人科単独検診を無料で受診できます。

契約健診機関一覧

自己触診の方法は以下をチェック